マグ女のいるお宿を、ご紹介します!

津軽海峡の寄り道旅は、駆け足では回れません。お宿に泊まって、ゆったり、じっくり、味わってほしい~。寄り道旅プログラムと組み合わせて、ぜひ、ご利用くださいませ。

◎若女将・杉本夏子のいる「松前・温泉旅館矢野」

城下町・松前の温泉宿。松前産マグロ1本まるごと解体プラン、松前ならではの藩主料理が、話題を呼んでます。女将の松前漬けと、若女将・夏子の作った松前漬けのバトル展開中。

◎温泉旅館 矢野HP

◎総支配人・飯野智子のいる「函館・ホテルショコラ函館」

赤レンガ倉庫などのベイエリア、元町にもほど近く、函館の寄り道旅を味わうにはぴったりのホテル。おしゃれで快適なので、特に女子におすすめしたい。フレンチトースト付きの朝食プランが人気です。

◎ホテルショコラ函館HP

◎支配人・荒井麻友子のいる「浅虫温泉・南部屋 海扇閣」

青森駅から青い森鉄道で20分のアクセスだから、青森の寄り道旅にぴったり。最上階9階の展望浴場からの夕陽がたまりません。毎晩、津軽三味線のライブ演奏を聴くことができるなんて!

◎南部屋 海扇閣HP

◎若女将・杣谷雅美のいる「龍飛崎温泉・ホテル竜飛」

津軽半島の突端・龍飛崎の絶景の上にあるホテル。ロビーからも大浴場・露天風呂からも、絶景が見えます。2016年3月「龍飛崎で打ち上げた花火が対岸の白神岬で見えるか実験」の花火を上げてくれました。

◎ホテル竜飛HP

◎若女将・長谷雅恵のいる「下風呂温泉・まるほん旅館」

漁火の見える下北半島の下風呂(しもふろ)温泉。まるほん旅館の真向いには公衆浴場もあって、懐かしい昭和なムードむんむんの温泉街を、浴衣姿で湯めぐり手形で回れます。

◎まるほん旅館HP

Facebook

協賛

オリックスレンタカー青森駅前店、新青森リンゴ店、新函館北斗駅前店、大間フェリー埠頭店、津軽海峡フェリー青森・函館両カウンター

函館山ロープウェイ(株) 函館バス(株)

後援

函館市、松前町、木古内町、江差町、青森市、五所川原市、むつ市、平内町、蓬田村、中泊町、大間町、風間浦村、佐井村、(一社)函館国際観光コンベンション協会、松前観光協会、木古内町観光協会、江差観光コンベンション協会、(公社)青森県観光連盟、(一社)浅虫温泉観光協会、(公社)むつ市観光協会、大畑町観光協会、大間町観光協会、風間浦村観光協会、(特非)佐井村観光協会、北海道新聞函館支社、東奥日報社、青森テレビ、青森放送、エフエム青森

ページ上部へ戻る