28:「花しるべな会」藤島さんと歩く函館山さんぽ

函館山愛好家であり、「花しるべ」著者の藤島斉さんのガイドで函館山散策。小雨決行、荒天時はトークショー。青森・道南の食材をメインにしたCafé&Deli MARUSEN「セイカン博限定ランチBOX」付き。

■10/6(金)、10/15(日)のテーマ「秋の野の花と紅葉」
函館山は標高334m周囲約9kmの小さい山でありながら、約800種類以上の植物が見られる自然の宝庫です。その理由のひとつが「移土観音」。江戸時代、函館山の各所に西国三十三ヶ寺の土を移し、その上に石の観音様が置かれたのです。その土とともにやってきた種が函館山で芽吹きました。藤島さんによる花の解説を聞きながら、のんびりと登ります。

■11/4(土)のテーマ「函館山の歴史めぐり」
藤島さんは花だけでなく、函館山にまつわる様々な物語にも精通しています。函館山には明治から昭和にかけて、砲台などを備えた軍事要塞がありました。当時は函館山への一般市民の立入はもちろん、撮影や模写も禁止されていたのです。現在は、その軍事要塞の跡を見ることができます。「ブラタモリ」でも紹介されました。
また、土方歳三にまつわる都市伝説や、夜泣き石の話などもあります。函館山の紅葉や木の実をめでつつ、様々な話を聞きながら登ります。

寄り道ポイント◎登山道沿いに置かれた、西国三十三観音を模して造られた三十三観音にお参り
◎晴れていれば青森も見えるかも!?展望台から津軽海峡を一望
◎まるで映画のセットのような軍事要塞跡
◎さらに…解散後、谷地頭温泉への立ち寄りがお勧め!
日時10/6(金)10/15(日)11/4(土)
9:30~15:00
集合場所函館市・函館市地域交流まちづくりセンター
(北海道函館市末広町4-19)
行程まちづくりセンター→軽登山→頂上でランチ→下山→市電「谷地頭」電停解散
定員最少4名~最大15名
参加料(税込)3,800円(ガイド料、ランチ代、本代)
【持ち物】歩きやすい服と靴、飲み物、タオルをご用意ください。
アクセス市電「十字街」電停から徒歩1分
締切日開催日の7日前
お申し込み
お問い合わせ先
(株)シンプルウェイ
電話:0138-86-7601(平日9:00~17:00)

マグ女から一言

今回は2つのテーマをご用意しました!ご都合つく方はぜひ2回ともご参加ください。

阪口あき子

函館マグ女・(株)シンプルウェイ
阪口 あき子

Facebook

協賛

オリックスレンタカー青森駅前店、新青森リンゴ店、新函館北斗駅前店、大間フェリー埠頭店、津軽海峡フェリー青森・函館両カウンター

函館山ロープウェイ(株) 函館バス(株)

後援

函館市、松前町、木古内町、江差町、青森市、五所川原市、むつ市、平内町、蓬田村、中泊町、大間町、風間浦村、佐井村、(一社)函館国際観光コンベンション協会、松前観光協会、木古内町観光協会、江差観光コンベンション協会、(公社)青森県観光連盟、(一社)浅虫温泉観光協会、(公社)むつ市観光協会、大畑町観光協会、大間町観光協会、風間浦村観光協会、(特非)佐井村観光協会、北海道新聞函館支社、東奥日報社、青森テレビ、青森放送、エフエム青森

ページ上部へ戻る